印鑑を保管しておきましょうね。

 きちんと印鑑を保管しておくことがとても大切です。使用印鑑と関連書類については一緒に保管しないようにしておくことも大切ですね。例えば「銀行印」と「預金通帳」は一緒に保管しないとかします。また、「印鑑登録をした実印」と「印鑑登録証や実印を使用している書類などを一緒に保管しないなど」としてください。

これは最低限しておかなくてはならないことです。※万が一犯罪被害に遇った時に被害を最低限に防ぐための予防策になります。印鑑登録された実印、印鑑登録証については、その効力が凄いようで、役所に行って氏名、住所、生年月日を記入するだけで印鑑証明書を発行することができます。(汗)

物の別々に保管しているだけでは安心できないと言う人も中にはいると思います。(汗)それは不安になる可能性だって充分にあります。そんな時には印鑑も必要書類も合わせて銀行の貸金庫に預ける方法もあります。利用料は銀行によりバラつきがあります。そんなに高い物ではないと思います。(笑顔)

関連ページ